県民交流広場 お問い合わせ、リンク サイトマップ

新着情報(お知らせ)
知事メッセージ
コミュニティってなに?
県民交流広場事業について
事業を活用しよう!
プランづくりのポイント
さらに詳しく・・
リレーコラム
県民交流広場がいっぱい!
Q&A
コミュニティ応援隊

トップページへ

県民交流広場


トップページ>コミュニティ応援隊

コミュニティ応援隊

コミュニティ応援隊
コミュニティ応援隊

 まちづくりや各分野の専門家、広場の先行地域リーダー・アドバイザーである「コミュニティ応援隊(CAT)」のメンバーが、県民交流広場のさらなる地域コミュニティづくりをお手伝いします!

 今年度は派遣対象講座が変更となり、県民交流広場団体に係る講座を重視した募集となりましたので、対象団体の方は是非ご活用ください。

※派遣可能な講座、費用については以下をご覧ください。


 
 コミュニティ応援隊について ※確認したい内容をクリックしてください

  ○派遣の対象となる講座

  ○派遣費用について

  ○専門分野 支援・アドバイスできる内容

  ○コミュニティ応援隊メンバーについて

  ○申請の流れ・申請様式

  ○その他・お問い合わせ先



各地域の県民交流広場の地域推進委員会が主体となって行う、または県民交流広場が主たる参加者として行われる講座等で、次のいずれかに該当するもの。

 (1)県民交流広場事業に係る学習会・ワークショップ

 (2)地域の様々な課題解決等に資する分野別学習会・ワークショップ

 (3)コミュニティづくりを支援するグループ・団体、行政職員等を対象とした研修

例えば‥

 ◎ワークショップ開催支援
   地域の現状や拠点施設の活用方法について話し合うワークショップの進行支援 など

 ◎体験談披露・地域へのアドバイス
   広場活用の成果、広場の運営で直面した課題と対応方策 など

 ◎コミュニティの重要性提起、他地域の事例紹介
   地域主催の学習会やフォーラムの講演・助言 など

下記の専門分野 支援・アドバイスできる内容もご覧ください。




申請者の負担は講師・アドバイザーの交通費のみです。
※講師・アドバイザーへの謝金(1件3万円)を県が負担します。

〔注意事項〕

  ・県の負担は、同一申請者(団体)につき原則として年1件限りとなります。

  ・県民交流広場事業の助成期間中の謝金・旅費は、広場の活動費助成の
   対象となり、地域負担となります。

  ・予算に限りがあるため、県が謝金を負担できないこともあります。

  ・生活創造センター・地域生活創造情報プラザへのグループ登録により、
   会場提供等の支援もあります。




 県民交流広場事業の活用や整備後の運営・活動の充実を図るため、
例えば次のような支援・アドバイスが可能です。


助言・支援の例 アドバイザーの例
体験談披露・地域へのアドバイス:
 
広場活用の成果、広場の導入・運営で直面した課題と対応方策 など
県民交流広場モデル地域のリーダー
ワークショップ開催支援:
 地域の現状や整備する拠点の活用方法について話し合う、ワークショップの企画助言・進行支援など
ワークショップの進行ノウハウを持った者
コミュニティの重要性提起、他地域の事例紹介:
 
地域主催の学習会やフォーラムの講演・助言など
研究者・実践家など
地域の情報化支援:
 ホームページ開設、活用方法など
各分野の専門家、団体・NPOリーダーなど
NPOとの連携支援:
 協働事業の検討・提案づくりなど
コミュニティビジネス支援:
 起業ノウハウ・運営方法など
地域人材の確保支援:
 地域通貨導入、人材養成の方策など
各種地域課題解決:
 防犯、子育て、食・特産品開発、防災、文化、福祉、まちづくり、環境等各分野の活動充実など



コミュニティ応援隊は、ユニークな取り組みをしている県民交流広場実施地域の関係者のほか、地域コミュニティを研究する学識者、まちづくり・地域づくりの専門家など、多様な人材で構成されています。

専門分野、支援・アドバイスできる内容 専門分野、支援・アドバイスできる内容



派遣を求める地域は、県民生活課にご依頼ください。

 どんな講師を呼べばいいのか分からない場合は、ご相談ください。ふさわしいアドバイザーを助言し、ご希望に基づいて双方をつなぎます。


01.派遣申請

講座の詳細(開催日時、場所、講座のテーマ、)が決定しましたら、以下の様式に必要事項を記入の上、県民生活課までお送り下さい。

※講師との調整などの為、講座等の開催予定日の60日前までにご提出ください。また、お急ぎの場合はご相談ください。

  ● (様式1)コミュニティ応援隊派遣依頼書
     専門分野、支援・アドバイスできる内容(wordデータ)  専門分野、支援・アドバイスできる内容(pdfデータ)

02.派遣決定

派遣が決定した場合は、県民生活課より申請者・派遣講師あてに通知します。


03.講師・アドバイザーとの調整

申請者にて講師・アドバイザーと直接日程、内容等を調整いただきます。


04.講座・ワークショップの開催

開催当日は参加者にアンケートを実施してください。

  ● (様式10)受講者アンケート用紙
     専門分野、支援・アドバイスできる内容(wordデータ)  専門分野、支援・アドバイスできる内容(pdfデータ)

05.講座・ワークショップの開催後の報告

開催日より15日以内に以下の報告書・アンケート集計結果、開催日当日のプログラムなどをお送りください。報告書をいただいた後、講師・アドバイザーへ謝金を支払います。

  ●  (様式6)コミュニティ応援隊事業実施報告書
     専門分野、支援・アドバイスできる内容(wordデータ)  専門分野、支援・アドバイスできる内容(pdfデータ)

  ● (様式11)受講者アンケート集計結果表
     専門分野、支援・アドバイスできる内容(wordデータ)  専門分野、支援・アドバイスできる内容(pdfデータ)


派遣の流れ・・

活用できる団体数には限りがあります。助成枠が埋まり次第、募集を締め切ります。予めご了承ください。


お問い合わせ先はこちら

兵庫県 企画県民部 県民生活課(ふるさと交流班)

〒650−8567 神戸市中央区下山手通5丁目10−1

TEL:(078)362−4000

FAX:(078)362−3908

MAIL:hiroba@pref.hyogo.lg.jp




Acrobat Readerのダウンロード PDF形式のファイルをご覧いただくためにはアドビ社の「Acrobat Reader」が必要となります。
「Acrobat Reader」は左のダウンロードページにて無料で入手できます。

このページのトップへ

個人情報の取扱いについて