県民交流広場 お問い合わせ、リンク サイトマップ

新着情報(お知らせ)
知事メッセージ
コミュニティってなに?
県民交流広場事業について
事業を活用しよう!
プランづくりのポイント
さらに詳しく・・
リレーコラム
県民交流広場がいっぱい!
Q&A
コミュニティ応援隊

トップページへ

県民交流広場


トップページ>コミュニティ応援隊

コミュニティ応援隊

コミュニティ応援隊

県民交流広場の活用やコミュニティづくりのアドバイザーとして『CAT』を派遣します。(コミュニティ応援隊=Community Assist Team)

コミュニティ応援隊とは・・

 県民交流広場事業の効果的な活用や、コミュニティの様々な課題解決を応援するため、県が学識者や専門家、モデル地域リーダーらに協力を求めて設置したコミュニティ応援隊(CAT)の中から、地域のニーズに沿った者を派遣します。
 特に、県民交流広場を通じたコミュニティづくりにあたっては、地域の気運を盛り上げ、多くの住民の関心と参加を高めることが大切です。それには、プラン検討段階で、住民が集まり、ワイワイガヤガヤと今後のコミュニティのあり方、そのための取り組み、そして広場の整備内容といった意見を出し合って共有していく「ワークショップ」が効果的です。このワークショップの進行を手伝う専門家も、CATから派遣します。

専門分野、支援・アドバイスできる内容

 県民交流広場事業の活用や整備後の運営・活動の充実を図るため、例えば次のような支援・アドバイスが考えられます。

助言・支援の例 アドバイザーの例





体験談披露・地域へのアドバイス:
 
広場活用の成果、広場の導入・運営で直面した課題と対応方策 など
県民交流広場モデル地域のリーダー
ワークショップ開催支援:
 地域の現状や整備する拠点の活用方法について話し合う、ワークショップの企画助言・進行支援など
ワークショップの進行ノウハウを持った者
コミュニティの重要性提起、他地域の事例紹介:
 
地域主催の学習会やフォーラムの講演・助言など
研究者・実践家など






地域の情報化支援:
 ホームページ開設、活用方法など
各分野の専門家、団体・NPOリーダーなど
NPOとの連携支援:
 協働事業の検討・提案づくりなど
コミュニティビジネス支援:
 起業ノウハウ・運営方法など
地域人材の確保支援:
 地域通貨導入、人材養成の方策など
各種地域課題解決:
 防犯、子育て、食・特産品開発、防災、文化、福祉、まちづくり、環境等各分野の活動充実など

また、アドバイザーの紹介以外に、以下のような支援を行います。

1. アドバイザーの謝金(1件3万円)を県民局が負担します。
2. ワークショップ、会議、学習会などを、文化会館、生活創造センター、生活科学センターの施設を使って開催できます。

ワークショップのすすめ

 県民交流広場のプランづくりをはじめ、コミュニティづくり・まちづくりの分野で、地域の「思いを共有」し、「合意形成」を図っていくためには、ワークショップという手法が効果的です。
 モデル地域においても、「多くの住民が広く意見を出し合い、思いを共有するためにはワークショップで、ワイワイ意見を出し合うのが一番良い。やるぞという気運づくりにもなった」という意見が多く聞かれました。
 ワークショップとは、講義や講演など一方的な知識の伝達ではなく、参加者が自ら参加・体験し、グループの相互作用の中で何かを学びあったりつくり出したりする、双方向の学びと創造のスタイルです。
 県民交流広場の事業プランをまとめたり、どのような地域にしていくかを住民みんなで話し合うため、ワークショップの開催をおすすめします。
 コミュニティ応援隊には、ワークショップの運営ノウハウを持つ者(ファシリテーター)が数多く参加しています。
 添付の動画は、コミュニティ応援隊が進行役を務めて開催されたワークショップの一例です。参考にご覧ください。

県民交流広場のワークショップってどんなもの?

派遣の流れ・・

 派遣を求める地域は、県民局県民課、消費生活創造センター、文化会館等(県民局圏域によって窓口が異なります)に依頼します。
窓口機関は、CAT登録者(アドバイザーリスト)を示しながら、地域のニーズにふさわしいアドバイザーを助言し、希望にもとづいて双方をつなぎます。

 コミュニティ応援隊のメンバーが、例えば、こんな課題、こんな悩みの解決をお手伝いします!

コミュニティの大切さをみんなに理解してもらいたい!
できるだけたくさんの住民に参加してもらって、地域の課題やニーズに即した事業プランをつくりたい!
いろいろな意見が出て、県民交流広場の活用方向がまとまらない!
先行して県民交流広場に取り組んだ地域の体験から学びたい!
コミュニティのホームページを立ち上げたいので助言がほしい 等々



コミュニティ応援隊の顔ぶれ

 コミュニティ応援隊は、ユニークな取り組みをしている県民交流広場実施地域の関係者のほか、地域コミュニティを研究する学識者、まちづくり・地域づくりの専門家など、多様な人材で構成されています。

コミュニティ応援隊の顔ぶれとメッセージ
(PDF形式)

コミュニティ応援隊の一覧
(PDF形式)

コミュニティ応援隊派遣案内(チラシ)
(PDF形式)



Acrobat Readerのダウンロード PDF形式のファイルをご覧いただくためにはアドビ社の「Acrobat Reader」が必要となります。
「Acrobat Reader」は左のダウンロードページにて無料で入手できます。

このページのトップへ

コミュニティ応援隊のキャラクターは、明石市在住の岡村果林さんに製作・提供いただきました。
個人情報の取扱いについて